>アレルギー情報トップページ

>学会、研究会、講演会情報

>ガイドライン

>EBM集

>薬剤情報

>用語集

>Q&A

>リンク


>サイトマップ

>検索

>リウマチ情報トップページ

>HOME


お問い合わせ info@allergy.go.jp
アレルギー情報センターガイドライン小児気管支喘息:目次小児気管支喘息

ガイドライン

小児気管支喘息


目次

I. 小児喘息はどのような病気でしょう

II. 小児喘息はどのくらいいるのでしょう

III. 小児喘息の危険因子

IV. 小児喘息の急性発作への対応

V. 小児喘息の長期管理に関する薬物療法

VI. 乳児喘息

VII. 小児喘息における吸入機器とその使い方

VIII. 小児喘息の心理療法

IX. 運動誘発性喘息、運動療法

X. 肺機能、ピークフローモニタリング


I.小児喘息はどのような病気でしょう

1.小児喘息とは


小児喘息は、呼吸をするときにヒューヒュー、ゼイゼイという音(これを「ぜんめい(喘鳴)」と言います)が聞こえる呼吸困難を繰り返す病気です。つねにヒューヒュー、ゼイゼイいう病気は他の肺疾患、心臓血管系の疾患があるので区別する必要があります。

初めのうちは、カゼをひいたときに咳が長引いたり、ヒューヒューと呼吸にともなって音が聞こえること(ぜんめい)が多いようです。カゼのたびにこのような症状を繰り返しているうちに、カゼをひいていなくてもぜんめいが聞こえるようになったり、咳がでやすくなったり、運動をすると同じようにぜんめいや咳がでて、苦しくなることがおこるようになります。このような場合は喘息が疑われます。


2. 肺の中ではどのようなことがおこっているのでしょう


喘息発作の原因となっている体の部分は、気管から分岐した先の気管支と肺胞(はいほう)全般です。気管支で起こっていることを整理してみましょう。

(1)気道炎症
喘息発作のほとんどは、ウイルスの感染(いわゆるカゼ)とアレルギーの原因になる環境性抗原(ダニ、ハウスダスト、動物の毛、フケ、カビなど)を吸い込んで、気管支粘膜で免疫反応が起こるために、ヒスタミン、ロイコトリエン、化学伝達物質が遊離され、マスト細胞、好酸球、好中球、リンパ球によるアレルギー性炎症反応がおこります。これが長期間続くため「気道の慢性炎症」がおこっているといいます。

(2)気道過敏性
気道過敏性とは簡単に説明すると、冷たい空気を吸ったり、急に走ったとき、大笑いした後、大泣きした後に喘息発作が出るかどうかということです。気管に慢性炎症が起こっていると気管の粘膜がはれていてヒリヒリしている状態を想像してください。この気道過敏性が喘息の重症度と相関します。気道過敏性を定量的に測定する方法として、一定の運動負荷をかけたり、気管を刺激する薬(ヒスタミン、メサコリン、アセチルコリン)を吸入させて呼吸機能検査を行う方法があります。

(3) 気流制限
慢性炎症を起こしている気管支が刺激されると、気管支はどうなるのでしょうか。
ウイルス感染、アレルゲンの侵入により、気管支粘膜のマスト細胞からヒスタミン、ロイコトリエン、化学伝達物質、サイトカイン、炎症性蛋白がでてきます。これらによって、
●気管支粘膜が腫れてきます(腫脹)
●気管支の周りの筋肉の収縮(気管支平滑筋収縮)
●痰がたくさんでてきます(粘液栓形成)
●気管壁が硬くなります(気管壁リモデリング)
がおこり、空気に通り道が狭くなりぜんめいや呼吸困難がおこります。さらに長期間の炎症により気管壁の線維化、平滑筋の肥厚がおこり肺機能が低下(リモデリング)します。

(4)アトピー体質
アトピー体質というのは、ダニ、ハウスダスト、動物の毛、フケ、カビ、花粉などの環境性のアレルゲンに対して即時型アレルギー反応を起こすIgE抗体をつくる体質です。日本人のアトピー体質は、年齢が低いほど高率で、小児喘息患者さんでは90%以上がアトピー体質を持っています。したがって環境性アレルゲンの吸入により喘息発作が誘発されます。


3. 小児気管支喘息の診断はどのようにするのでしょう


ぜんめいを伴う呼吸困難の発作を繰り返しおこす病気ですが、表に示す病気を区別しなくてはなりません。
先天性異常、発達以上に基づくぜんめい
  • 大血管奇形
    先天性心疾患
    気道の解剖学的異常
    喉頭、気管、気管支軟化症
    絨毛性運動機能異常
感染症に基づくぜんめい
  • クループ
    気管支炎
    細気管支炎
    肺炎
    気管支拡張症
    肺結核
その他
  • アレルギー性気管支肺アスペルギルス症
    過敏性肺炎
    システィックファイブローシス
    サルコイドーシス
    気管支内異物
    肺梗塞症
    心因性咳嗽
    気管、気管支の圧迫(腫瘍等)
    肺浮腫

4. 小児喘息にはいくつかのタイプがあります


アトピー体質の有無によって、アトピー型と非アトピー型に分けることが一般的です。
  • アトピー型:ダニ、ハウスダストなどの環境性アレルゲンにIgE抗体を作る体質のある喘息
    非アトピー型:ダニ、ハウスダストなどの環境性アレルゲンにIgE抗体を作らない体質の喘息

5. 発作の程度をつぎのようにきめています


喘息発作の程度を客観的に表現することは、喘息の重症度の評価、発作の治療方法、救急外来受診のタイミングを決めるために大切なことです。患者様も簡単な評価方法を覚えておくと役に立ちます。
呼吸の状態、呼吸困難感、生活の状態、意識障害、ピークフロー値によって、小発作、中発作、大発作、呼吸不全と判定します。

発作の程度:アレルギー疾患診断・治療ガイドライン2010より引用

アレルギー疾患診断・治療ガイドライン2010より引用


6. 喘息の重症度は次のように決めています


上記の発作程度は、今起こっている喘息発作がどのくらい悪いかを評価するものですが、喘息の重症度は、ある期間におこる喘息発作の回数、発作の程度を指標にして決めています。

表 治療前の臨床症状に基づく小児気管支喘息の重症度分類

表治療前の臨床症状に基づく小児気管支喘息の重症度分類:アレルギー疾患診断・治療ガイドライン2010より引用

アレルギー疾患診断・治療ガイドライン2010より引用


7. 小児気管支喘息の予後はどのように判定しているでしょうか


治療を開始して1年以上経過したところで判定しています。

(1)機能的治癒
5年以上無治療、無症状で、肺機能、気道過敏性が回復している場合

(2)臨床的治癒
5年以上無治療、無症状の場合

(3)寛解
無治療、無症状となってから寛解1年、2年、3年、4年と表現します

(4)軽快
治療ステップが2段階以上ステップダウンできた場合

(5)改善
治療ステップが1段階以上ステップダウンできた場合

(6)不変
治療ステップの変化がない場合

(7)悪化
治療ステップが同じで症状が悪化した場合、治療ステップがアップした場合


用語解説


小児喘息(しょうにぜんそく)

小児におこる喘息を小児喘息(小児気管支喘息)とよびます。




[ 小児気管支喘息:目次に戻る ]
[ ▲ページの先頭に戻る ]

PDFダウンロード


このページをPDFでご覧頂くことができます。(90K)
※PDFファイルをご覧頂くためにはAcrobat Reader(無料)が必要です。

[ 小児気管支喘息:目次に戻る ]
[ ガイドライントップページへ戻る ]



Copyright(c) 2002-2004 The Rheumatism & Allergy Information Center All Rights Reserved.