>アレルギー情報トップページ

>学会、研究会、講演会情報

>ガイドライン

>EBM集

>薬剤情報

>用語集

>Q&A

>リンク


>サイトマップ

>検索

>リウマチ情報トップページ

>HOME


お問い合わせ info@allergy.go.jp
アレルギー情報センターガイドライン小児気管支喘息:目次小児気管支喘息

ガイドライン

小児気管支喘息


目次

I. 小児喘息はどのような病気でしょう

II. 小児喘息はどのくらいいるのでしょう

III. 小児喘息の危険因子

IV. 小児喘息の急性発作への対応

V. 小児喘息の長期管理に関する薬物療法

VI. 乳児喘息

VII. 小児喘息における吸入機器とその使い方

VIII. 小児喘息の心理療法

IX. 運動誘発性喘息、運動療法

X. 肺機能、ピークフローモニタリング


V.小児喘息の長期管理に関する薬物療法


喘息は、発作のないときにも気管支では炎症がおこっています。この炎症を積極的に治療して発作をおこさないようにすることが喘息治療の目標であり治癒につながります。このことを長期管理と呼びます。
治療の目標として以下の7つをあげています。

小児喘息の治療の目標

  1. 軽いスポーツも含めて日常生活を普通に行う
  2. 昼夜を通じて症状がない
  3. ベータ2気管支拡張剤の頓用が減少または必要がない
  4. 学校を欠席しない
  5. 肺機能がほぼ正常
  6. ピークフローが安定
  7. 気道過敏性が改善される(運動や冷気などの吸入による症状誘発がないことが確認される)

この目標を達成するために長期管理という考え方があるのですが、その内容は、薬によるものだけではありません。とかく薬の治療に偏ってしまうことが多いようですが、基本は、

  1. 適切な環境整備
  2. 適切な薬の使用
  3. 本人、家族、幼稚園・学校の先生が小児喘息について正しく理解するために勉強する
ことです。

1. 長期管理薬


長期管理のために使用される薬を長期管理薬(コントローラー)と呼びます。長期管理薬の特徴は、抗炎症作用をもっていることです。抗炎症作用とは気管支でアレルギー反応に関係する細胞、化学伝達物質の作用を弱めたり、減らしたりする作用を言います。

(1)クロモグリク酸ナトリウム(インタール)
肥満細胞からの化学伝達物質の遊離を抑え、アレルギー炎症の抑制、神経原性アレルギー反応の抑制、ある種のウイルス感染の抑制、などの効果がみられます。運動の前に吸入することで運動誘発性喘息を抑えてくれます。インタール吸入液にβ2刺激薬を混ぜて吸入する方法も効果があります。
カプセルの粉末、ガスの粉末、液体があります。経口インタールは、喘息には効果がありません。

(2)ロイコトリエン受容体拮抗薬
ロイコトリエン受容体拮抗薬は、気管支収縮抑制作用、気道炎症抑制作用を有しています。小児ではプランルカスト(オノン®)とモンテルカスト(シングレア®、キプレス®)が使用できます。一般に使用を開始して1〜2週間のうちに呼吸機能の改善や発作症状の軽減などの効果が確認されることが多いとされていますが、コントローラーとしての臨床効果が確認されるまでには2ヶ月ほどかかる場合もあります。軽症例においては吸入ステロイドと比較してほぼ同等の効果が得られており、また吸入ステロイド薬の追加薬としても有効性が認められています。

(3)吸入ステロイド
吸入ステロイド薬は、気道の炎症を強力に抑え、症状の改善、肺機能の改善、気道の過敏性が改善します。これによって、喘息発作が減り、入院や喘息死が減少しています。 喘息を発症し早期に使用することでリモデリングを予防できます。

薬品名

商品名

剤型

プロピオン酸ベクロメタゾン(BDP)

キュバール

定量噴霧式(ノンフロンガス)

プロピオン酸フルチカゾン

フルタイド
フルタイドエアゾル

ドライパウダー
定量噴霧式(ノンフロンガス)

ブデソニド

パルミコート
パルミコート吸入液

ドライパウダー
懸濁液

年齢や重症度、吸入方法で薬剤の選択、投与量を決めています。投与量の決定は、はじめ少量から開始するステップアップ方式と十分量から開始して症状の改善とともに減量するステップダウン方式があります。
副作用は、これまでの検討でベクロメサゾン換算で1日量400μg以下なら概ね問題がないと考えられていますが、個人差があるので十分注意が必要です。

(4)吸入ステロイド薬と長時間作用性β2刺激薬の合剤
吸入ステロイド薬(フルチカゾン)と長時間作用性β2刺激薬(サルメテロール)の合剤(アドエア®)を5歳以上の小児に使用できます。合剤は2倍量のフルチカゾンと同等以上の効果が認められており、同量の2剤を別々に吸入するよりも良好なコンプライアンス(アトヒアランス)が保たれ、効果も優れていると報告されています。定量噴霧式のアドエア50エアゾルとドライパウダーのアドエア®ディスカスが使用できます。

(5)テオフィリン徐放製剤
内服後ゆっくり薬が出てくるように工夫されていますので内服してから効果がでるまで時間がかかります。気管支拡張効果や抗炎症効果があります。
テオフィリンの体の中での分解は、個人差があります。血中濃度があがると副作用が出やすいので適宜血中濃度のモニタリングを行う必要があります。特に乳児、感染症時、脱水時、発熱時、併用薬剤があるときは副作用(悪心・嘔吐、興奮、食欲不振、下痢、不眠、痙攣など)に注意が必要です。テオフィリン使用中の痙攣は5歳以下に発症することが多く、中枢神経症状の既往のある場合は5μg/mL未満の低濃度でも痙攣をおこすことがあると報告されています。

注:乳児喘息長期管理におけるテオフィリン徐放製剤の留意点

  • 治療ステップ3以上患者において考慮される追加治療の一つである。
  • 6ヶ月未満の児は原則として使用しない。
  • 6ヶ月以上の児でもてんかんや熱性痙攣などの既往がある場合原則として推奨されない。
  • 発熱時には、一次減量あるいは中止することをあらかじめ指導しておく。
  • 併用薬(エリスロマイシン、クラリスロマイシンなど)に注意する。
  • 痙攣閾値を下げる可能性があるヒスタミンH1拮抗作用を持つ抗アレルギー薬との併用は注意が必要である。
  • アミノフィリン坐薬の使用は推奨しない。


2. 長期管理薬の使い方


長期管理薬の使用は、重症度の評価をおこない、治療ステップを決めています。そのステップと年齢によって治療法を決めています。年齢別の治療ステップの表があります。

小児気管支喘息の長期管理に関する薬物療法プラン(幼児2〜5歳)

小児気管支喘息の長期管理に関する薬物療法プラン(幼児2〜5歳)

喘息予防・管理ガイドライン2012より引用

小児気管支喘息の長期管理に関する薬物療法プラン(年長児6〜15歳)

小児気管支喘息の長期管理に関する薬物療法プラン(年長児6〜15歳)

喘息予防・管理ガイドライン2012より引用




[ 小児気管支喘息:目次に戻る ]
[ ▲ページの先頭に戻る ]

PDFダウンロード


このページをPDFでご覧頂くことができます。(125K)
※PDFファイルをご覧頂くためにはAcrobat Reader(無料)が必要です。

[ 小児気管支喘息:目次に戻る ]
[ ガイドライントップページへ戻る ]



Copyright(c) 2002-2004 The Rheumatism & Allergy Information Center All Rights Reserved.