>アレルギー情報トップページ

>学会、研究会、講演会情報

>ガイドライン

>EBM集

>薬剤情報

>用語集

>Q&A

>リンク


>サイトマップ

>検索

>リウマチ情報トップページ

>HOME


お問い合わせ info@allergy.go.jp
アレルギー情報センターQ&Aアトピー性皮膚炎

Q&A

アトピー性皮膚炎




Q01
4歳の女の子、アトピー性皮膚炎で薬を塗り続けていたが顔の産毛が濃くなって止めた。塗り続けた方が良いのか。またアレルギーの検査を受けた方が良いのか。


Q02
アトピーで妊娠前後の薬の使用は可能か。


Q03
現在14歳で生後7ヶ月から薬を塗り続けている。離脱したいのだが・・・。


Q04
成人男子、小さいときにアトピーがひどく、中高の時は出なかったのだが仕事についてまた出始めた。関連したものか、1回終わってまた出たものか教えてほしい。


Q05
ステロイドの外用薬を5年くらい使っているが体内への蓄積はあるのか。


Q06
5歳の女児、アトピー性皮膚炎と喘息がある。特に牛乳アレルギーが強くスコアー5以上だが来年から学校なので給食が心配だ。


Q07
アトピー性皮膚炎でかゆみが強く、つい掻いてしまう。掻かないようにする方法はないのだろうか。


Q08
4ヶ月の男児、顔がカサカサしているので薬局で買ったアトピコという乳液をつけているがこのまま続けていいか。またニンニク風呂がいいと聞いたが。


Q09
8ヶ月の子供、アレルギー反応で卵白と牛乳に反応有り、今後の離乳食の進め方、および生活上の注意は。


Q10
46歳の女性、かゆみを防止するために風呂上がりに全身にベビーローションをぬっている。部分的に失神があるとき、塗り薬とローションを塗り分けなければならないのか、それとも重ね塗りして良いのか。





Q01
4歳の女の子、アトピー性皮膚炎で薬を塗り続けていたが顔の産毛が濃くなって止めた。塗り続けた方が良いのか。またアレルギーの検査を受けた方が良いのか。


A01
毛が濃くなったのはステロイド薬の副作用の可能性があります。ステロイド薬の使い方は顔面には強い薬は塗らず、できるだけ非ステロイドの外用薬を使います。首から下は症状によりステロイドの外用薬を使い分け、軽くなったら弱いのに変えます。薬の強さを確認し、年齢とともに症状も変わるので治療を変えていくことが必要です。アレルギー検査は是非受けてください。成長とともに変わることがあるので定期的に受ける必要もあります。

[ ▲ページの先頭に戻る ]


Q02
アトピーで妊娠前後の薬の使用は可能か。


A02
内服薬で抗ヒスタミン薬の使用は止めた方がいいでしょう。ステロイド薬は問題ありませんができるだけ弱い薬で維持するようにしてください。

[ ▲ページの先頭に戻る ]


Q03
現在14歳で生後7ヶ月から薬を塗り続けている。離脱したいのだが・・・。


A03
まずアレルギー検査を受けてください。アレルゲンが見つかればそれをできるだけ身の回りから減らす工夫をしてください。ダニであればダニ対策を、食物であればその除去を試みてください。食物アレルギーは乳幼児は卵、牛乳、大豆などが多いのですが成長してくると穀物が多くなります。アレルゲン対策をきちんとやり、ステロイド外用薬以外の薬を使うことによって減量・離脱できる人もいます。

[ ▲ページの先頭に戻る ]


Q04
成人男子、小さいときにアトピーがひどく、中高の時は出なかったのだが仕事についてまた出始めた。関連したものか、1回終わってまた出たものか教えてほしい。


A04
症状は年齢とともに変わるので全部一続きで、いったん治ったように見えても体質は残っていて、職場の環境、精神的なもの、埃、汗などの刺激によって悪化したと考えます。

[ ▲ページの先頭に戻る ]


Q05
ステロイドの外用薬を5年くらい使っているが体内への蓄積はあるのか。


A05
極端に多い量を使っていない限り体内への影響はあまり心配しないでよいでしょう。しかし顔面にはステロイド外用剤はできるだけ使わない方がいいでしょう。

[ ▲ページの先頭に戻る ]


Q06
5歳の女児、アトピー性皮膚炎と喘息がある。特に牛乳アレルギーが強くスコアー5以上だが来年から学校なので給食が心配だ。


A06
スコアー5以上の強いアレルギーがある場合その食物は原則として摂らない方がいいでしょう。今は卵や牛乳を除去した給食を出す学校も多いので診断書を持って学校と相談してください。もし除去食ができなければ当面は弁当にしてください。ただし牛乳アレルギーは6歳までに7〜8割、9歳までに9割は治ります。厳しく制限するばかりではなくよく加熱する、低アレルギーミルクを利用する等工夫も必要です。食前に経口のインタールを服用すると有効な場合もあります。

[ ▲ページの先頭に戻る ]


Q07
アトピー性皮膚炎でかゆみが強く、つい掻いてしまう。掻かないようにする方法はないのだろうか。


A07
かゆみを抑えるためには抗ヒスタミン薬や、抗アレルギー薬の内服があります。眠くなることがありますので運転などには気をつけなければなりません。皮膚は清潔にして、入浴の時などにもゴシゴシこすったりしないようにしてください。軟膏もきちんと塗ってしっとり保つようにします。癖になって痒くなくてもいつも掻いてしまう人もいるので、自分で気がついたら止めましょう。

[ ▲ページの先頭に戻る ]


Q08
4ヶ月の男児、顔がカサカサしているので薬局で買ったアトピコという乳液をつけているがこのまま続けていいか。またニンニク風呂がいいと聞いたが。


A08
まだ幼いのでこのようなステロイド以外のものでコントロールできると思います。ふつうのワセリンやオリーブオイルでも結構です。基本的には入浴剤は勧められません。ニンニクエキスは血行をよくするのでアトピーにはよくありません。気分転換に入浴剤を使うときは後でよく流しておきましょう。

[ ▲ページの先頭に戻る ]


Q09
8ヶ月の子供、アレルギー反応で卵白と牛乳に反応有り、今後の離乳食の進め方、および生活上の注意は。


A09
粉ミルクにはカゼインなどの牛乳の成分が入っているので、牛乳アレルギーの子には低アレルギーミルクのMA−1やエピトレスといった特別なものがあります。離乳食は症状があるなら1歳までは卵、牛乳を制限し代替食を考えてください。湿疹が出ているときの外遊びは強い紫外線に注意してください。ワセリンで保湿することは悪いことではありません。赤ちゃん用のスキンローションでもいいでしょう。

[ ▲ページの先頭に戻る ]


Q10
46歳の女性、かゆみを防止するために風呂上がりに全身にベビーローションをぬっている。部分的に失神があるとき、塗り薬とローションを塗り分けなければならないのか、それとも重ね塗りして良いのか。


A10
ローション程度で済んでいるのならそれでいいでしょう。入浴後には油分の多いものを塗りますが、湿疹部分のところは薬と重ね塗りしてかまいません。

[ ▲ページの先頭に戻る ]

PDFダウンロード


このページをPDFでご覧頂くことができます。(107K)
※PDFファイルをご覧頂くためにはAcrobat Reader(無料)が必要です。

[ 次の10件を見る ]
[ Q&Aトップページへ戻る ]



Copyright(c) 2002-2004 The Rheumatism & Allergy Information Center All Rights Reserved.